PR
2024/06/04

AGビジネスサポートは、最短即日の審査と融資を実現しているビジネスローンです。

ただし公式サイトに書かれていることは、あくまでも最短の時間ですから、申し込んだすべての人がその日のうちに借りられるというわけではありません

とくに事業資金の借り入れとなれば、個人のカードローンと比較しても審査に慎重になるのは当然です。

では本当のところ、AGビジネスサポートの審査には、どれだけの時間がかかるのでしょうか。

この記事では、AGビジネスサポートの審査時間に迫っていきます。

AGビジネスサポートから最短で融資を取り付けるためのポイントや、AGビジネスサポートと似た特徴をもつビジネスローンを紹介していきます。

なおAGビジネスサポートの口コミについては、当サイトの『AGビジネスサポートの口コミ・評判を紹介!メリット・デメリットも解説』をご覧ください。

ライター嶋崎の実物写真

【ライター】嶋崎
当サイトを運営している嶋崎と申します。
わたしは経営の経験はありませが、サイト運営に携わり約2年が経過するなかで、事業主のお金の悩みは特有であることを勉強してきました。
たとえば事業主へ実際にインタビューをしたり、実際にセミナーに参加したりするなどして、資金調達の流れやどのようなときにお金の不安を感じるのかを勉強しています。
資金繰りの悩みを解決するためのサービスをすべてを網羅するのは大変です。
一から資金繰りの悩みを調べずとも、「ビズローンで解決できた」が叶うように、全力でサポートします。

AGビジネスサポートは即日の審査回答

「結局AGビジネスサポートの審査回答まではどのくらい時間がかかるの?」

上記のようになるべく早く資金調達したい状況のなか、融資まで1週間〜1ヶ月必要だと、その間の支払いに間に合わない場合がありますよね。

AGビジネスサポートの審査は、最短即日で完了します。

価格.comの口コミなどを調べてみると、2〜3日程度かかったという人は多いようです。

とはいえ審査回答スピードは、公的融資や銀行融資と比べて早いです。

つぎの章で公的融資と銀行融資の審査時間のデータを比較してみましょう。

AGビジネスサポートは融資スピードが早い

AGビジネスサポートは、公的融資と銀行融資の審査時間を比べると圧倒的に早いです。

以下の表に各金融機関ごとの審査時間をまとめました。

  審査時間
AGビジネスサポート 最短即日
公的融資 3週間程度
銀行融資 2週間~4週間程度

銀行の事業者向けローンや公的融資では、審査に2週間以上かかる場合が多いです。

上記のように比較すると、AGビジネスサポートは、審査に時間がかからない融資であることに間違いありません。

とはいえ実際に利用して「2日ほどかかった」となれば、支払いに間に合わないかもしれないという事態を引き起こしかねません。

すぐに資金調達が必要な場合は、AGビジネスサポートだけでなく、ほかにも最短即日の融資が可能なビジネスローンを同時に検討してみましょう

ビズローンでは、『ビジネスローンなら最短即日・無担保で資金調達』という記事で、最短即日融資が可能なビジネスローンを比較しているので、ぜひご覧ください。

それではつづいて、当社が実施した利用者アンケートから、審査スピードについての口コミを紹介していきます。

AGビジネスサポートの審査時間に関する口コミ

クラウドソーシングを利用し、当社独自のアンケート募集によって、AGビジネスサポートの口コミを集めました。

以下の内容ごとに口コミを紹介していきます。

30代女性の口コミ画像【審査回答スピード】2日~3日
事業者専用で、赤字内容の私にも200万円の融資を受けられました
もちろん事業計画書を提出、努力があってことだと思います。
最初は100万円の融資枠でしたが、返済半年後には200万円まで増額いただきました。
商工会議所推薦で国民金融公庫に申し込みしましたが、貸してもらえなかったことを振り返ると、AGビジネスサポートから融資を受けれたのは涙が出るくらいありがたかったです。
50代女性口コミ【審査回答スピード】2日~3日
事業性資金として融資を受けるわけですが、資金使途の細かな追求はなく、実質個人事業者向けのフリーローンという感じがしました。
今回50万円ほど必要だったため、銀行系のローンを2社、大手消費者金融を2社で申し込みましたが融資を断られてしまいました。
そんななか私を救ってくれたのはAGビジネスサポートでした。
信用情報機関にどのように記録されるのかが気がかりですが、大変感謝しております。

アンケート・口コミの結果、必ず最短即日の審査回答を得られるわけではないとわかりました。

アンケートでは「AGビジネスサポートを利用した」と回答した7名のうち、6名が「2~3日かかった」と回答しています。

そのため2~3日はかかる可能性があることを考慮して、先の支払い予定などを立ててください。

とはいえ公的融資にくらべて圧倒的に審査回答が早いので、急ぎの資金調達なら利用したほうがいいでしょう。

次章ではAGビジネスサポートから最短即日の審査回答を得るポイントを解説しています。

AGビジネスサポートから最短即日の審査回答を得るには

「取引先の支払いに間に合わない」

「大きな受注を受けたから設備を増設したい」

上記のように、なるべく早く資金調達したい状況ならば、審査回答は最短即日で受けたいですよね。

最短即日で審査回答を得るには、以下3つのポイントがあります。

  • 虚偽の申告はしない
  • 他社での借り入れが少ない・またはない
  • 複数社に同時に申し込みしない

ではそれぞれ順番に紹介していきます。

虚偽の申告はしない

最短即日の審査回答・融資を受けたいなら、申し込みで虚偽の申告はしてはいけません。

多少の誤入力程度であれば、訂正を求められるだけなので、審査落ちに直結しないです。

しかし会社をよく見せようとして、意図的な虚偽記載が発覚した場合、詐欺の恐れがあるとされて審査落ちします。

年齢や住所、経営会社の事業計画や資金繰りなどの内容に間違いがあると、正確な審査を行えせん。

また架空の社名で申し込んだとしても嘘は必ずバレます。

虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく、二度と申し込めなくなる恐れもあります。

最短即日で融資を受けたいなら、ありのままの情報を入力して申し込んでください。

他社での借り入れが少ない・またはない

AGビジネスサポートは、赤字決算でも申込可能なビジネスローンです。

そのため申し込みの入り口を広く設けている特徴があります。

とはいえ他社での借り入れが少なかったり、なかったりするほうが、「きちんと返済してくれるだろう」と審査担当者の印象が良くなるのです。

借り入れが多いほど、会社の倒産や返済遅延のリスクが増大します。

そのため他社からの借り入れが残っている場合は、少しでも返済して借入金額を少なくしておきましょう。

複数社に同時に申し込みしない

審査に通らないかもしれないから、いくつかの会社に申し込んでおこう

もし上記のような理由だったとしても、短期間のうちにAGビジネスサポート以外の複数社へ、一斉に申し込んではいけません

上記のように複数社へ一斉に申し込むことを、申し込みブラックと呼び、お金に困っている印象を与えてしまいます。

AGビジネスサポートの審査に通らないどころか、いわゆるブラックリスト入りしてしまうのです。

一般的な無担保ローンの場合、1ヶ月以内に4社以上申し込しでいる人は、申し込みブラック扱いされてしまいます。

資金繰りに窮していると、最短即日の審査回答・融資を急ぐあまり、審査完了まで待ちきれずに、他社にも申し込んでしまいがちです。

しかし複数社に申し込みしてしまうと、AGビジネスサポート審査担当者から「一斉に申し込んでいるけど、本当に融資して大丈夫かな」と思われてしまいます。

焦って複数社に一斉申込をすると、融資が遠のくので我慢が必要です。

AGビジネスサポートの審査が長くなるケース

ここまで審査回答を即日でもらうためのポイントを紹介してきました。

では逆にAGビジネスサポートの審査が長くなるのはどのような場合なのか、解説していきます。

具体的には以下のような場合に審査が長くなります。

  • 返済能力や信用力に不安がある
  • 融資金額が大きい
  • 繁忙期と重なっている

ではそれぞれ順番に解説していきます。

返済能力や信用力に不安がある

返済能力や信用力に不安がある場合、審査が長くなってしまう傾向にあります。

具体的には以下4つのケースが該当するでしょう。

  1. 赤字決算の場合
  2. クレジットカードの支払い情報に傷がある場合
  3. 事業を開設して1年未満の場合
  4. 信用情報に傷がある場合

たとえ審査落ちに直結しないものであっても、このような条件がある場合には、審査が時間をかけて行われる傾向にあります。

とくに会社ではなく申し込んだ代表者個人の信用情報に傷がある場合は要注意です。

たとえば過去に税金や借り入れたお金を滞納していた場合です。

「過去に滞納経験があるけど本当に規定通りに返済できるかな」

このように会社の業績とは関係なく、代表者個人の信用情報の信頼度によって、審査が長くなってしまいます。

滞納経験がある方は、審査が長引く可能性を予測して資金繰りしましょう。

融資金額が大きい場合

どのようなローンにも言えることですが、申込金額が大きいほど、審査に時間がかかる傾向にあります。

なぜなら金額が増えるほど、AGビジネスサポート側の貸し倒れリスクが高まるからです。

また50万円以上の融資を希望する場合には、収入証明書類の提出を求められるなど、必要書類の確認にも時間が取られるようになります。

必要資金以上の希望借入額が多い場合、「こんなに必要なのかな?もしかして悪いことに使おうとしているのでは」と審査担当者が疑問に思うでしょう。

とはいえ設備投資などの用途の場合、希望借入額が大きくなります。

必要資金を明確にして、でたらめな希望金額で申し込みをしないように注意しましょう。

繁忙期と重なっている場合

AGビジネスサポートの繁忙期と重なっている場合、審査に時間がかかってしまいます。

AGビジネスサポートの繁忙期になる時期は以下があげられます。

  • キャンペーン期間中
  • 連休前後
  • 3月

これらの時期は、消費者金融全体の需要が高まるため、審査に時間がかかる傾向にあります。

これとは逆に閑散期に申し込むと、審査が短くなる傾向にあります。

具体的には年末年始の12月・1月です。

審査にかかる時間を短くしたいなら、12月・1月のタイミングに申し込むのがおすすめです。

AGビジネスサポートの審査受付時間

ここではAGビジネスサポートの審査受付と、審査を行なっている時間について紹介します。

AGビジネスサポートが審査を行なっている時間は、平日9:30~18:00までです。

土日には審査が行われていないため、土日をはさんでしまうと、その分だけ審査にかかる時間が長くなってしまいます。

以下の表にAGビジネスサポートの申込時間をまとめてみました。

申込方法

申込時間

WEB申込

365日24時間

電話・FAX

平日9:30~18:00

以上の時間から、即日または急ぎで融資を受けたい場合には、平日でかつ土日や祝日を挟まないタイミングで融資を申し込むのがベターでしょう。

土日に借り入れしたいなら個人向けカードローンがおすすめ

「土日に即日融資を受けたい場合にはどうしたらいいの」

上記のような方もいますよね。

週明けまで待っていられない場合は、個人向けカードローンで生活資金として融資を申し込みましょう。

おすすめは即日融資に対応している、以下2つのカードローンです。

ただし個人向けカードローンは借りたお金自体を事業資金としては利用できません。

そのため生活資金になるはずだったお金を事業資金として使い、借りたお金を生活資金に回して資金繰りを行います。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座がなくても申し込める、利便性のいいカードローンです。

また楽天銀行は、楽天会員ランクに応じて審査優遇があります。

審査優遇があると公表しているカードローンは、楽天銀行だけです。

※すべての楽天会員が審査優遇を受けられるわけではありません。

なお審査結果は最短即日回答なので、「土日でもとにかくお金を用意しないとやばい」という、急ぎの方はまず楽天銀行スーパーローンに申し込んでください。

次項で楽天銀行スーパーローンの基準金利を紹介していきます。

楽天銀行カードローン

金利 限度額 審査時間
年1.9%~14.5%

10万円~800万円

最短即日
融資時間 資金用途 郵送物なし
最短翌日  生計費  

楽天銀行スーパーローンの金利

楽天銀行スーパーローンの金利は以下のとおり。
カード利用限度額 通常の金利
800万円 年1.9%~4.5%
800万未満 年2.0%~7.8%
600万未満 年2.5%~7.8%
500万円未満 年2.9%~8.9%
350万円未満 年2.9%~12.5%
300万円未満 年3.9%~14.5%
200万円未満 年6.6%~14.5%
100万円未満 年14.5%

プロミス

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

即日融資であれば、プロミスの個人向けカードローンがおすすめです。

最短3分の融資に対応しており、【瞬フリ】という最短10秒の振込キャッシングが利用可能だからです。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

金利 限度額 審査時間
年6.3%~17.8% 300万円まで 最短即日
融資時間 法人 個人事業主
最短即日    

【瞬フリ】はモアタイムに対応した全国504の銀行口座で10秒キャッシングが可能。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座も対応しています。

プロミスの審査について口コミを調査したところ、2時間以内に審査回答が得られたという人が93%という結果になりました。

※価格.comの口コミを320件調査し具体的な数字がかかれた100件の口コミの統計

当日の審査受付が終了する21時から逆算して、19時までに申し込めば、最短即日の融資を受けられる可能性が高まります。

また個人事業主なら、個人向けローンでも事業性資金として利用できますよ。

SMBCモビット

SMBCモビット

どうしても当日中、明日すぐにでも資金調達をしなければならない場合は、三井住友カード株式会社が提供するSMBCモビットを利用してください。

金利 限度額 審査時間
年3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短即日
融資時間 資金用途 郵送物
最短60分融資も可能※ 生計費のみ なし

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

SMBCモビットは、他社では公開していない【即日融資を受けるための方法】を、公式で発表しているため、高い確率で即日融資が期待できます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット即日融資の流れ

引用 : SMBCモビット | 即日融資の流れ

ネットからSMBCモビットに申し込んだ後、確認画面に表示されるフリーダイヤルに電話して、即日融資を希望しましょう。

無事審査に通過できれば、その場で会員登録が完了します。

なおすぐに口座振込をしてもらうか、無人契約機でローンカードを発行し、コンビニATM(セブン銀行ATM)から借り入れるかを選択できます。

無人契約機でローンカードを発行する際には、本人確認書類が必要になるので、お忘れないように注意してください。

AGビジネスサポートの審査の特徴

「審査・融資時間の早さを見た結果、AGビジネスサポートが良さそう」

上記のように、AGビジネスサポートへの興味・検討度が高くなったら、具体的にどのような審査が行われているのか確認しておきましょう。

実際の審査内容や基準はブラックボックスですが、銀行融資よりも審査が柔軟である理由が2つあります。

  1. 赤字決算・債務超過・銀行リスケ中でも審査可能
  2. 設立1年の企業でも審査対応

赤字決算・債務超過・銀行リスケ中でも審査可能

AGビジネスサポートの特徴は、赤字決算や債務超過でも審査をしてくれるところです。

赤字決算でも申込めるか質問と回答

引用 : AGビジネスサポート | よくあるご質問

上記のとおり、「過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります」と、公式サイトのよくあるご質問に記載されています。

ただし現状の状態で会社を維持は難しいと判断されれば、当然審査には通りません。

とはいえ赤字でも収益を出せる根拠が示せるなら、審査に通る可能性は十分にあります。

なおGMOあおぞらネット銀行のあんしんワイドも、AGビジネスサポート同様に赤字でも申込可能と打ち出しています。

法人で赤字決算のお悩みならあんしんワイドもおすすめ

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドは、金利が年0.9%〜14.0%と業界でも低い設定となっています。

そのためAGビジネスサポートと同額の借り入れを行ったとしても、返済時の負担が大きく減らせるのです。

たとえばそれぞれの下限・上限の中間金利で100万円を、5年で返済する場合の比較すると以下のとおりになります。

  金利 100万円を5年で返済する場合の返済総額
AGビジネスサポート 年9.0% 1,228,750円(税込)
あんしんワイド 年7.0% 1,117,916円(税込)
差額 110,834円

あんしんワイドを利用した場合、AGビジネスサポートと比べて支払総額が、110,8340円少なくなります。

約11万円あれば、オフィス用品の買い替えや仕入費用としても利用可能です。

また長期的に借り入れる場合は、金利負担が少ないと、財務体力を削らずに事業を運営できます。

あんしんワイドの注意点は、申込可能なのが法人のみであることと、融資は最短2営業日となっている点です。

そのため即日融資で、一時的もしくは少額・短期の利用ですぐに返済できる状況ならば、AGビジネスサポートの利用がおすすめです。

逆に借入金額が100万円以上で長期返済を見込んでいるなら、金利負担が少ないあんしんワイドを検討してください。

設立1年の企業でも審査対応

AGビジネスサポートでは、開業歴が浅い場合でも審査対応が可能です。

ただし開業資金での融資は認められていないため、開業資金が必要な場合には違う手段を考えなければいけません。

開業資金の調達方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

ほかのビジネスローンと比べて審査時間は早い?

「公的融資や銀行融資と比べて、審査時間が早いけど他のビジネスローンと比べて早いの?」

上記のように、他のビジネスローンと比較して審査時間が早いのか気になる人もいますよね。

そこで以下の表に代表的なビジネスローンと審査時間・融資スピードなどをまとめました。

  ノンバンク系ビジネスローン 銀行・信販系ビジネスローン
  AGビジネスサポートビジネスローン AGビジネスサポート カードローン プロミス自営者カードローン 福岡銀行フィンディ あんしんワイド オリックス・クレジットVIP ローンカードBUSINESS
審査時間 最短即日 最短即日 最短即日 最短2営業日 最短60分
融資スピード 最短即日 最短即日 申し込みから3営業日 最短2営業日 最短即日
融資対象者 法人・個人事業主※1 個人事業主 法人・個人事業主 法人 法人・個人事業主※3
融資額 50万円~1,000万円 1万円~1,000万円※2 300万円まで 100万円~1,000万円 300万円まで 50万円~500万円
金利 年3.1%~18.0% 年5.0%~18.0% 年6.3%~17.8% 年2.0%~14.0% 年0.9%~14.0%※5 年6.0%~17.8%
担保・保証人 不要※4 不要 不要 不要※4 不要
※1 法人のお客様:75歳まで、個人事業主のお客様:69歳まで
※2 カードローンの場合、初回の借り入れは上限500万円
※3 個人事業主は業歴1年以上が条件
※4 法人の場合は代表者が原則、連帯保証となります
※5 一部特約を申し込んでいる場合は、年14.0%

上記のなかだと、オリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESSの最短60分が、1番早い審査回答までの時間となります。

とはいえAGビジネスサポートの審査回答までの時間は、特段遅いわけではありません。

しかもオリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESSと比べて、下限金利が低いです。

そのため同じ金額を借り入れて、下限金利が適用されてた場合、AGビジネスサポートで資金調達したほうが返済時の負担を減らせます。

なお当サイトでは、上記表で比較しているビジネスローンについて詳しい内容を紹介しています。

この機会にぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

AGビジネスサポートから借り入れるまでの流れ

「申し込みから融資を受けるまで流れは複雑じゃないかな」

いくら最短即日の審査回答・融資が可能でも、申し込みが複雑だと億劫になりますよね。

AGビジネスサポートの融資申込は以下5つの流れで行われます。

AGビジネスサポート審査の流れ

この章では、AGビジネスサポートの申込方法と申込後の流れを、実際の画面を利用して紹介していきます。

まずは申し込みから借り入れまでの流れを把握しておきましょう。

以下に借り入れまでの流れをまとめています。

 

【お借入れ5秒診断】
【申し込み】
【仮審査後、結果連絡】
【必要書類の提出】
【本審査後、結果連絡】
【契約書が郵送され、契約締結後に融資】

上記のように、最大6つのプロセスを経て契約完了となります。

なお最初の【お借入れ5秒診断】は実施しなくても問題ありません。

「赤字決算で借りられるか不安」

「他社借入がある状態でも審査してもらえるかな」

上記のように審査に対して、一抹の不安を覚えている方は、【お借入れ5秒診断】の実施をおすすめします。

年間売上や事業形態などを入力するだけで、簡単に借入可能か診断してくれますよ。

ではまずはお借入れ5秒診断から紹介していきます。

AGビジネスサポートで借り入れるかどうか迷っている場合は、5秒診断を利用してみませんか。

AGビジネスサポートのお借入れ5秒診断を受ける方法

お借入れ5秒診断は、以下4つの項目を入力するだけで、簡単に借り入れできるか診断できます。

  • 代表者の年齢
  • 事業形態
  • 年間売上
  • 他社借入金額

アイフルビジネスファイナンス_5秒診断

引用 : AGビジネスサポート | 5秒診断

赤字決算や他社借入があったとしても、AGビジネスサポートなら事前診断で、借入可能か判別できます。

いきなり本申込をして、結局審査落ちという結果だと、「他のビジネスローンを申し込めばよかった」と感じませんか。

赤字や他社借入があっても、審査に通る可能性はあります。

しかし申し込み前に審査に通る可能性があるかどうか判断できると、もしダメだった場合に、別のビジネスローン申し込みの準備ができるのです。

ではつづいてAGビジネスサポートの申込方法を紹介していきます。

\最短即日の融資が可能/
AGビジネスサポート
公式サイトはこちら

AGビジネスサポートの申込方法

AGビジネスサポートの申し込みにかかる時間は、3分ほどで終了します。

というのも入力するのは、以下の4項目だけだからです。

  1. お申込内容の確認
  2. お申込者情報の入力
  3. 連絡先の入力
  4. 経営会社情報の入力

アイフルビジネスファイナンスの申し込み4ステップ

申込方法を詳しく知りたい方は、続きを読むをクリックしてください。

申し込み1:お申込内容の確認

まずはAGビジネスサポートの公式サイトへアクセスして、申込フォームへと進んでください。

申込フォームは以下の画面が表示されていれば問題なくアクセスできています。

なお注意点をよく読んで入力に進みましょう。

アイフルビジネスファイナンスの申し込みフォーム

申し込み2:お申込者情報

ではAGビジネスサポートに申し込んだ、みなさん自身の情報を入力していきます。

どれも基本となる情報ですので、手元に資料を用意して入力しなければならないような項目はありません。

以下5つの項目を入力すれば完璧です。

  1. 希望金・借入希望日
  2. お名前・フリガナ
  3. 生年月日
  4. 性別
  5. ご自宅住所

必須項目は入力カテゴリーの横に、【必須】と赤文字で表示されています。

申し込み3:ご連絡先情報

次は連絡先を入力しましょう。

ご連絡先情報

連絡先として入力するのは、事業主ならかならず覚えているはずの5項目です。

  1. 個人の電話番号
  2. 会社の電話番号
  3. 会社FAX(任意)
  4. 希望連絡先
  5. Eメールアドレス

審査結果は必ず電話で伝えられますので、希望連絡先は自身が確実に出られる電話番号にチェックを入れておきましょう。

申し込み4:経営会社情報

最後は会社の情報を入力していきます。

経営会社情報

こちらも経営者なら把握しているであろう以下の情報ばかりです。

  1. 会社名
  2. フリガナ
  3. 会社所在地
  4. 事業開始年月
  5. 企業形態
  6. 前後区分(後株・前株)
  7. 職種区分

ここまでくれば申込手続きがほとんど完了です!

すべての入力が完了すれば、あとは【申し込む】ボタンを押すだけ。

これでAGビジネスサポートの申し込みはすべて完了です。

銀行融資や日本政策金融公庫の融資に申し込むときは、申し込みのため書類を準備したり、面談を重ねたりと大ごとですよね。

そのことを考えると、AGビジネスサポートは驚くほどスピーディーに申し込みが完了しますよ。

申込後は必要書類を提出

AGビジネスサポートに申し込むと、仮審査が行われ、審査結果を担当者から告げられます。

仮審査に通過後、本審査に通れば無事に借入準備が完了です。

なお本審査には以下の提出書類を提出する必要があるので、AGビジネスサポートに申し込む前に準備しておいてください。

法人

個人事業主

●     代表者本人を確認する書類

●     決算書類

※その他必要に応じた書類

●     本人確認できる書類

●     確定申告書

●     事業内容確認書※1

●     資金繰り表※1

※その他必要に応じた書類

※法人のお客様:75歳まで、個人事業主のお客様:69歳まで
※1 事業内容確認書と資金繰り表は、AGビジネスサポート所定の書類です。

必要書類を事前に準備しておくことは、スムーズな契約締結に欠かせません

また個人事業主の場合に提出を求められる、事業内容確認書と資金繰り表は、AGビジネスサポート所定の書類です。

オリジナルの書式で作っても、所定の書式で作成しないと意味がないので、以下参照先のデータを確認したうえで作成しておきましょう。

GMOあおぞらネット銀行法人ローンは決算書不要で申込可能

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

AGビジネスサポートに申し込む法人の方は、決算書類の提出が求められます。

しかし決算期を迎えていないため、書類が用意できないですよね。

そこでおすすめなのが、GMOあおぞらネット銀行の法人向けビジネスローン あんしんワイド(以下あんしんワイド)です。

あんしんワイドは、決算書や確定申告書の書類が不要で申し込めるビジネスローンでありながら、赤字や創業期でも申込可能なのです。

ただし審査回答と融資まで、最短2営業日の時間を要します。

しかしながらAGビジネスサポートよりも、提出書類が少ないため事前に書類を準備しなくてもいい点が魅力的です。

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドの詳細

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの基本情報は以下のとおりです。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

融資対象者

法人のみ

申込条件

  • GMOあおぞらネット銀行の法人口座(円普通預金口座)を持っていること
  • 営利法人であること
    • 株式会社
    • 有限会社
    • 合同会社
    • 合名会社
    • 合資会社
  • 日本に登記上の法人住所があること

③ 下記(ア)から(ウ)のいずれかを満たすこと

  • (ア)当社法人口座に直近3カ月分以上の連続した入出金明細があること
  • (イ)freee入出金管理 with GMOあおぞらネット銀行で直近3カ月分以上の連続した入出金明細を同期している
  • (ウ)GMOインターネットグループ各社から、当社所定のお客さま情報が当社へ連携されることに同意いただける
    ※ 上記(ウ)に同意いただいた場合は、GMOお得意さま応援ローン50の特約(以下「GMOお得意さま応援ローン特約」といいます)のお申込となります。
    ※ (ア)~(ウ)のいずれも要件を満たさないお客さまであっても、GMOあおぞらネット銀行所定の方法によりお申し込み可能です。
借入可能額 10万円~1,000万円
金利(実質年率) 年0.9%~14.0%※
審査時間 最短2営業日※
融資スピード 最短2営業日※
資金用途 事業資金
赤字決算 申込可能
担保・保証人 不要
※申し込んだ時間帯や曜日によっては、最短の対応でない場合があります。
※一部特約の方の金利は年14.0%

AGビジネスサポートへ審査についての相談もあり

ここまで記事を読んでも審査に対する不安や、審査時間の長さについて不安がぬぐい切れない場合は、直接問い合わせるのもおすすめです。

以下はAGビジネスサポートの問い合わせ先と、受付時間です。

審査に対して不安な気持ちがある方は、相談してみてください。

電話番号 0120-290-051
受付時間 平日9時30分~18時 ※携帯電話からも発信可能
休業日 土・日・祝日

まとめ

AGビジネスサポートの審査回答は最短即日です。

しかし融資が実行されるまでは、郵送による契約書の送付が必要になります。

そのため地域や申込時間によって、その日のうちに借り入れるのは難しい場合があります。

だとしても公的融資や銀行融資と比較したとき、スピード感のある審査回答と融資対応に期待できます。

AGビジネスサポートの金利は、年3.1%〜18.0%と決して低くありません。

しかし取引先の入金時に一括で返済すれば大きな負担とはなりにくいです。

少額・短期の利用を徹底して、資金繰りを安定させる猶予を持たせませんか。

またAGビジネスサポートは、赤字であっても借入可能です。

もし審査に不安があるのなら、【お借入れ5秒診断】を実施すれば、申込実績を作らずに別のビジネスローンに申し込めます。

審査時間と融資スピードを重視しているなら、ぜひAGビジネスサポートを利用してみてください。

関連記事