PR
2024/01/05

モビット 法人「SMBCモビットを資金調達先として利用してもいいの?」

「法人(個人事業主)も借り入れできる?」

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が提供するカードローンブランドです。

テレビCMでも目にする機会が多いため、資金調達に悩んだ事業主にとって、思い浮かぶ借入先の1つではないでしょうか。

とはいえ個人向けカードローンは、事業資金としての利用を禁止しています。

しかし法人代表や個人事業主であっても借りる方法はあります。

この記事では、資金調達方法に悩む経営者に向けて、カードローンという調達方法があると知ってもらい、最短即日融資の方法について解説していきます。

ライター嶋崎の実物写真

【ライター】嶋崎
当サイトを運営している嶋崎と申します。
わたしは経営の経験はありませが、サイト運営に携わり約2年が経過するなかで、事業主のお金の悩みは特有であることを勉強してきました。
たとえば事業主へ実際にインタビューをしたり、実際にセミナーに参加したりするなどして、資金調達の流れやどのようなときにお金の不安を感じるのかを勉強しています。
資金繰りの悩みを解決するためのサービスをすべてを網羅するのは大変です。
一から資金繰りの悩みを調べずとも、「ビズローンで解決できた」が叶うように、全力でサポートします。

SMBCモビットに法人向けの融資商品はない

SMBCモビットは最短即日で審査が完了するため、急ぎの資金調達が可能です。

しかし残念ながら、SMBCモビットには法人や個人事業主向けの融資商品はありません

ただし法人代表者や事業主も、SMBCモビットで借り入れは可能です。

SMBCモビットの公式サイトを見ると、年齢満20歳〜74歳の安定した収入があれば、自営業を営む事業主の方も借入可能と明言されています。

※ただし収入が年金のみの方はお申込みいただけません。

引用 : SMBCモビット公式サイト | お申込いただける方

それでは次章より、SMBCモビットの基本情報について解説していきます。

SMBCモビットの基本情報

SMBCモビットの基本情報は以下のとおりです。

SMBCモビット

融資対象者 満年齢20歳~74歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)※
融資限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 年3.0%~18.0%
遅延損害金 実質年率20.00%
担保・保証人 不要
資金用途 事業性資金を除く
赤字決算の場合 申込可能
担保・保証人 不要
審査スピード 10秒簡易審査回答※
融資スピード 最短60分※
※ただし収入が年金のみの方はお申込みいただけません。

※申し込んだ時間帯や曜日によって、翌営業日以降の対応となる場合があります。

SMBCモビットは最短即日の審査回答・融資なので、いざというとき頼りになるカードローンです。

また限度額が最大800万円なので、「運営する事業の設備投資や、取引先への急な支払いなどに役立てられそう」と考えた方も多いでしょう。

しかし資金用途は、事業目的で利用できません。

そのため自己資金を事業資金に回して、SMBCモビットから生活資金を借り入れるという流れになります。

ではSMBCモビットの特徴を紹介していきます。

SMBCモビット3つの特徴

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が提供する、担保・保証人なしで利用可能なカードローンです。

SMBCモビットの特徴は以下3つです。

  • 三井住友カード株式会社の提供だから安心
  • WEB完結で申込可能
  • 最短即日の融資の流れを公開

それぞれ順番に紹介していきます。

三井住友カード株式会社の提供だから安心

SMBCモビットを提供しているのは、三井住友カード株式会社です。

長年培ってきたクレジットカード事業のノウハウをもとに、個人向けカードローンだけでなく、クレジットカードやファイナンス事業など、多彩なサービスを展開しています。

1967年12月の設立から歴史ある会社で、ファイナンス事業を展開しているため、安心してSMBCモビットを利用できます。

WEB完結で申込可能

SMBCモビットは、電話や郵送物による手続きをWEB上で完結させるため、来店不要で借入可能です。

ただしWEB完結申込には以下2つの条件があります。

  • 【三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行】のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

自営者や個人事業主で、副業先などで社会保険に加入している場合は、上記4つの銀行口座を使って、WEB上で申し込みが完結します。

また上記の条件を満たしていれば電話連絡もなく、専用サイトやアプリを通じて必要書類を送信するだけなので、郵送物がありません

なおカードレスで利用できるため、提携しているATMを利用すればすぐに借り入れできます。

SMBCモビットから振り込まれたお金を、いつも使っている銀行のキャッシュカードで引き出すことも可能なので、利便性も高くおすすめです。

最短即日の融資の流れを公開

SMBCモビットは、最短即日の融資にも対応しています。

最短即日の融資を売りにしている金融機関は他にもありますが、自ら最短即日の融資が受けられる方法を公開している業者は他にありません。

SMBCモビット即日融資の流れ

引用 : SMBCモビット | 即日融資の流れ

では実際に公式サイトでは、最短で融資を受ける方法について解説していきます。

最短即日の融資を受けるには以下4つのステップを踏みます。

  1. ネットから申し込み
  2. 申し込み完了後、コールセンターへ電話
  3. 審査結果の確認
  4. 会員登録後、融資の実行

ポイントはWEB申込完了後に、コールセンターへ電話するという点です。

コールセンターへ電話した際に、必ず「即日融資が希望」と伝えましょう。

電話連絡後、審査内容を確認し会員登録します。

無事会員登録ができれば、口座振込かローンカードの発行、もしくは提携ATMから借り入れるか選択できます。

なお三井住友銀行ローン契約機でローンカードを発行する際には、本人確認書類が必要となることをお忘れなく。

SMBCモビットの申込方法

SMBCモビットには、借り入れのための審査があります。

そのため法人代表者・個人事業主だからといって、必ず借入可能という訳ではありません

では申込方法について詳しい内容を紹介していきます。

 申込方法

まずはSMBCモビット公式サイトにアクセスし、【今すぐ申込】というボタンをクリックして情報入力に進んでください。プロミス 公式

引用 : SMBCモビット公式サイト | トップページ

なお以下の銀行口座をお持ちなら、WEB完結申込も利用できます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

どちらから申し込んでも、まずは10秒簡易審査からスタートするのでご安心してください。

申込方法について詳しい手順を知りたい方は、【続きを読む】をクリックしてください。

SMBCモビットの10秒簡易審査

SMBCモビット申込画面

はじめは名前(フリガナは自動入力されます)、性別、生年月日を入力してください。

簡易審査ではありますが、入力項目は複数あります。

ただし入力目安が5分程度なので、スピーディーに申込可能です。

つづいて連絡先の情報入力に移ります。

SMBCモビット申込画面

はじめは名前(フリガナは自動入力されます)、性別、生年月日を入力してください。

簡易審査ではありますが、入力項目は複数あります。

ただし入力目安が5分程度なので、スピーディーに申込可能です。

つづいて連絡先の情報入力に移ります。

smbcモビット申込画面

入力する項目は以下5項目です。

  • メールアドレス
  • 携帯電話の有無
  • 携帯電話番号
  • 自宅郵便番号
  • 自宅電話番号の有無

自宅電話番号がある方は、自宅電話番号の入力も必要なのでお忘れなく。

最後は契約希望額などの入力を行います。

SMBCモビット申込画面

上記ページの入力項目は以下6つです。

  • 税込年収
  • 契約希望額
  • 利用目的
  • 最終学歴
  • 国籍
  • パスワード

すべての入力ができたら、【同意事項を確認のうえ、すべてに同意して申込をする】と表示されたボタンをクリックしてください。

すると画面が切り替わり、10秒ほどで審査結果が表示されます。

なお画面が切り替わって表示される審査結果は以下の2つです。

  • ご融資可能かと思われます
  • ご入力いただいた内容だけでは、ご融資可能か判断することができませんでした

10秒で結果が出るため、この簡易審査で確認しているのは、以下2つの理由が推測されます。

  • 総量規制に引っかからないかどうか
  • 安定した収入が見込める属性かどうか

ためしに希望借入額を、年収の3分の1以上で入力すると、後者の審査結果が表示されました。

総量規制とは、貸金業者からの借り入れられるお金の上限を規制することです。

具体的にいうと、借入総額が年収の3分の1を超えてはならないという法律。

たとえば100万円借り入れたいのなら、300万円以上の年収が必要になります。

総量規制は他社借入とも合算されるため、審査を依頼するときは【年収の3分の1-他社借入】を希望するようにしましょう。

10秒簡易審査の結果がどうであれ申し込みは可能

最短10秒審査の簡易審査で、いずれかの結果が表示されても、申し込めます。

簡易審査の入力は、あくまで借り入れできるかどうかの1つの目安です。

なお簡易審査は、本審査に向けた情報入力も兼ねているため、嘘偽りない事実を入力してください

簡易審査に通過するために事実と異なる情報を入力したとしても、本審査で嘘がバレてしまえばマイナスな印象となるので絶対にやめておきましょう。

総量規制の対象だと希望借入額の資金調達できない

個人事業主のなかには不安定な収入により年収が低く、総量規制の対象となった場合、希望借入額を借りられないケースが考えられます。

そこで比較してもらいたいのが、法人や個人事業主向けのビジネスローンです。

ビジネスローンは総量規制の対象外となるため、希望借入額を年収の3分の1以下に設定する必要がありません。

なかには最短即日の融資に対応していたり、SMBCモビットよりも限度額が多いものもあったりします。

ではつぎの見出しで詳しい内容を紹介していきます。

SMBCモビットのメリット・デメリット

ビジネスローンと比較したうえで、SMBCモビットのメリット・デメリットを紹介していきます。

資金調達の検討材料として役立ててください。

SMBCモビットのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 最短即日の融資が可能
  • 下限金利が年3%と低い設定
  • 三井住友カード株式会社の提供で安心
  • 総量規制の対象
  • 金利が高い

それぞれ順番に紹介していきます。

SMBCモビットのメリット

SMBCモビットのメリットは以下の3つです。

  • 最短即日の融資が可能
  • 下限金利が年3%と低い設定
  • 三井住友カード株式会社の提供で安心

最短即日融資が可能

SMBCモビットは、公式サイトで最短融資が必要な方向けの申込方法を公開しているほど、即日融資を積極的に行っています。

また会員登録さえしておけば、全国に約12万台※ある提携ATMでの借り入れや、24時間最短3分の口座振込も可能です。

※2022年4月現在

緊急時の備えとして、事前に会員登録をしておくのもおすすめです。

下限金利が年3%と低い設定

SMBCモビットの借入限度額と、3%という下限金利は、銀行が提供するカードローンを凌ぐレベルです。

表を入れる

もし複数社から借り入れをしているのなら、SMBCモビットにまとめて借り換えることで、日々の負担を少なくできる可能性もあります。

三井住友カード株式会社の提供で安心

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が運営しているので、はじめての利用でも安心感を得られます。

運営会社がよくわからないローンほど、怪しいものはないですよね?

1967年12月の設立から長年にわたりファイナンス事業を展開しているからこそ、安心感を持って融資を利用してもらえるのです。

つづいてSMBCモビットを利用する際のデメリットについて解説していきます。

SMBCモビットのデメリット

SMBCモビットのデメリットは、総量規制の対象であるという点です。

SMBCモビットは、貸金業法にのっとって業務を行う個人向けのカードローンです。

そのため個人の借り入れを制限する総量規制の対象となり、年収の3分の1以上借り入れできません。

総量規制の対象にならない資金調達方法をお探しの方は、【AGビジネスサポート】や【福岡銀行 フィンディ】などのビジネスローンがおすすめです。

SMBCモビットと比較したいビジネスローン

★ビジネスローンは、総量規制の制限を気にすることなく借入可能。

この見出しでは、法人や個人事業主におすすめしたいビジネスローンを4つ紹介していきます。

おすすめのビジネスローンは以下の4つです。

SMBCモビットを含む、4つのビジネスローンを比較した表が以下になります。

  SMBCモビット AGビジネスサポート「事業者向けローン」 プロミス自営者カードローン GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
融資対象者 年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方※ 法人・個人事業主 個人事業主 法人
借入可能額 1万円~800万円 50万円~1,000万円 300万円まで 10万円~1,000万円
下限金利 年3.0% 年3.10% 年6.3% 年0.9%
上限金利 年18.0% 年18.0% 年17.8% 年14.0%
審査スピード 最短即日 最短翌日 最短即日 最短2営業日
融資スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短2営業日
資金用途 生計費のみ

事業資金 事業資金 事業資金
担保・保証人 不要 不要 不要 不要
公式サイト
※収入が年金のみの方はお申込みいただけません。

SMBCモビットは、AGビジネスサポートと同様に、金利が高いというのがデメリット。

いっぽう福岡銀行 フィンディGMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドは、低い金利設定で、法人代表者・個人事業主が対象です。

くわえて福岡銀行 フィンディやGMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドなら、借入可能額の上限が1,000万円なので、十分に設備投資や支払いに充てられます。

ただし最短即日の事業融資を望むのであれば、AGビジネスサポートやプロミス自営者カードローンがおすすめです。

SMBCモビットよりも金利は高くなってしまいますが、総量規制の対象外で借り入れられ、最短即日の融資が可能という点が魅力的です。

では比較対象となったビジネスローンをそれぞれ紹介していきます。

AGビジネスサポート

アイフルビジネスファイナンス

AGビジネスサポートは、最短即日の審査回答・融資を行っています。

事業資金の範囲内であれば自由に利用でき、赤字でも申込可能な点は、急いで給与分の資金を調達したい方に最適です。

AGビジネスサポートの特徴

AGビジネスサポートの特徴は以下のとおりです。

  • 来店不要で最短即日の審査回答・融資が可能
  • 赤字でも申込可能
  • 保証人・担保不要で申込可能
  • 事業資金の範囲内で自由に利用できる
  • ビジネスローン・カードローンの2種から選択可能

来店不要で最短即日の審査回答・融資が受けられるため、急な支払いで資金が足りなくても、すぐに資金調達できる可能性があります。

また保証人・担保が不要で、赤字でも申込可能と入り口を広く設けています。

事業者向けビジネスローンの特徴

引用 : AGビジネスサポート | トップページ

なお借入方法はビジネスローン(証書貸付)とカードローン(口座貸越)の2種類から選択でき、カードローンは1万円からの少額利用にも対応しています。

ただしカードローンは、ビジネスローンよりも金利が高いという点に注意が必要です。

AGビジネスサポートの基本情報

AGビジネスサポートの基本情報は以下のとおり。

AGビジネスサポート
  ビジネスローン カードローン
融資対象者 法人・個人事業主 法人・個人事業主
申込条件 法人:75歳まで 個人事業主:69歳まで 法人:75歳まで 個人事業主:69歳まで
借入可能額 50万円~1,000万円 1万円~1,000万円 ※初回申込は500万円まで
金利(実質年率) 年3.1%~18.0% 年5.0%~18.0%
審査スピード 最短即日※1 最短即日※1
融資スピード 最短即日※1 最短即日※1
資金用途 自由(事業資金の範囲内) 自由(事業資金の範囲内)
赤字決算の場合 申込可能 申込可能
担保・保証人 不要※2 不要※2
※1.申し込みの曜日や時間帯によっては翌営業日以降の取扱いとなる場合があります。
※2.ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします。

プロミス自営者カードローン

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス自営者カードローンは、自営業者を対象としたカードローンです。

そのため法人格を持つ方の申し込みは受け付けていません。

プロミス自営者カードローンを使うことのメリットは、前述した総量規制の対象外になる点です。

※総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れができないルール。

しかしプロミス自営者カードローンは、総量規制による制限を受けることなく借り入れできます。

また資金用途は、事業資金のほかに生計費にも利用可能

そのため収入が不安定な個人事業主におすすめなカードローンといえます。

みてください。

プロミス自営者カードローンの特徴

プロミス自営者カードローンの特徴は以下のとおりです。

  • 最短即日の審査回答・融資が可能
  • 総量規制の対象外
  • 借り入れたお金の資金用途は自由
  • 利用限度額の範囲内で繰り返し利用できる
  • 借入枠の設定だけも可能
  • ネット申し込みができない

プロミス自営者カードローンは、個人向けのフリーキャッシングと異なり、総量規制の対象外となっています。

そのため不安定な収入状況の個人事業主であっても、利用しやすいビジネスローンの1つです。

また借入枠の設定だけでも申込可能なので、もしものときに備えて、借入枠を設定しておくのもおすすめ。

プロミス自営者カードローンは、最短即日の審査回答・融資が可能です。

しかし時間帯や混雑具合によっては、翌日以降の対応になる場合もあるため、最短即日の融資を受けたいなら午前中には申し込みを完了してください。

なお急ぎで資金調達が必要な場合、事前に借入枠さえ作っておけば、いざというとき即座に借り入れできますよ。

ただしネット申し込みができないという点は、あらかじめ把握しておく必要があります。

つづいて申し込み方法について解説していきます。

プロミス自営者カードローンの申し込み方法

プロミス自営者カードローンに申し込む方法は以下のとおり。

  1. 電話
  2. 自動契約機

ネット申し込みに対応していないため、わざわざ自動契約機に足を運ぶのは、面倒ですよね。

しかし以下の方法を取れば、実はネットからでも、自営者カードローンを申し込めるのです。

ネットから申し込む方法は、フリーキャッシングをネット申し込み完結後、「自営者カードローンに切り替えたい」と電話にて連絡すれば切り替えてもらえるのです。

詳しい手順として、以下7つのステップを踏みます。

  1. プロミス公式サイトにアクセス
  2. 申し込みページに移動
  3. お客さま情報(本人情報)を入力
  4. 勤務先情報を入力
  5. ご契約方法で【WEBでご契約】を選択
  6. 本人確認を行う
  7. 申し込み後、自営者カードローンに切り替えたいと電話する

上記のなかでポイントとなるのが、4つ目の【勤務先情報を入力】です。

実際の勤務先情報の入力画面が以下になります。

プロミス お客様情報入力

勤務先情報で1番はじめに入力する雇用形態を確認すると、【個人事業主】が選択できます。

雇用形態を個人事業主と選択しておくことで、申込完了後の電話で「自営者カードローンに切り替えたい」と連絡したときに、スムーズに申込切り替えを行ってくれます。

個人で事業を運営していると、なかなか店舗に足を運べないと思います。

申し込みについて更に詳しい内容を知りたい方は、当サイトの【プロミス自営者カードローンとは?わかりやすく魅力を紹介】をご覧ください。

ネットだけで完結できる方法や、最短で借り入れるための方法を詳しくまとめているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

プロミス自営者カードローンの基本情報

プロミス自営者カードローンの基本情報は以下のとおりです。

プロミス自営者カードローン
融資対象者 個人事業主
借入可能額 300万円まで
金利(実質年率) 年6.3%~17.8%
審査スピード 最短即日※
融資スピード 最短即日※
資金用途 自由(事業資金および生計費に限る)
赤字決算の場合 申込可能
担保・保証人 不要

ぜひこの機会に検討してみてください。

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド

GMOあおぞらネット銀行のあんしんワイドは、法人向けの融資商品です。

そのため個人事業主の申し込みは受け付けていません

なおGMOあおぞらネット銀行は大々的に、【創業期・赤字でも申込可能】と打ち出しているのが印象的です。

くわえてこの記事で紹介している事業者向けローンのなかでは、金利が年0.9%〜14.0%と、もっとも低い金利設定となっています。

ではあんしんワイドの特徴を紹介していきます。

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドの特徴

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの特徴は以下のとおりです。

  • 年0.9%~14.0%の低い金利設定
  • 決算書不要で申込可能
  • 創業期・赤字でも申込可能
  • 直近3ヶ月の連続した入出金データから審査を実施
  • 申し込み~返済までネット完結
  • 融資枠型ローンだから繰り返し借入可能
  • 個人事業主は申し込めない
  • GMOあおぞらネット銀行の法人口座を開設する必要がある

あんしんワイドは、他の事業者向けローンよりも、圧倒的に金利が低いという点が魅力的です。

しかも直近3ヶ月の連続した入出金データから審査を実施しているため、申し込みの際に決算書を送付する必要がありません

また融資枠型ローンであるため、借入枠の範囲内で繰り返し借入可能となります。

いわばカードローンのような貸付方式といえるでしょう。

そのため実際に借り入れた分だけに、利息が発生するので、利用しなければ利息は発生しません。

そして創業期・赤字でも申込可能なので、スタートアップの企業や赤字だけど設備投資したいという事業主にとって、頼もしいローンなのです。

ただし個人事業主は申し込みの対象外となっているため、ビジネスローン選びで求める条件別にまとめた、以下の表を参考にしてみてください。

なおあんしんワイドに申し込む場合は、GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設が必要なので注意しましょう。

求める条件 ビジネスローン
最短即日の審査回答・融資を希望 AGビジネスサポート
金利の低さを重要視 GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド
借入枠を設定して必要な分だけ利用したい プロミス自営者カードローン

※ビジネスローン欄の項目をクリックすると、紹介ページに移動します。

設立1年未満の法人は月20回まで他行宛の振込手数料が無料

GMOあおぞらネット銀行は、スタートアップ企業向けの応援を強化しています。

その一環として、設立1年未満の法人の方を対象に、行宛の振込手数料が月20回まで無料となる特典を付与しています。

なお手数料無料特典は、登記上の設立日から1年後の月まで毎月付与されます。

特典付与状況や使用状況は、インターネットバンキングから簡単に確認ができるため、ご自宅・移動中に簡単に確認できますよ。

設立間もない企業にとって、手数料が無料になるのは大きな経費削減の1つとなります。

この機会にぜひ検討してみてください!

\法人1年目は手数料がお得/
GMOあおぞらネット銀行
法人口座の開設はこちら

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドの基本情報

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドの基本情報は以下のとおりです。

GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド
融資対象者 日本国内で事業を営む法人および個人事業主の方
借入可能額 10万円~1,000万円
金利(実質年率) 年0.9%~14.0%※
契約期間
  • 初回契約期限は、契約開始日から1年後の王当日の前月末日
  • 1年ごとに更新審査を行い、更新後の契約期限は前回契約期限の翌年同月の月末日
融資形式 融資枠型ローン
返済方法
  • 約定返済
  • 随時返済
審査スピード 最短2営業日
融資スピード 最短2営業日
資金用途 事業性資金(運転資金)
赤字決算の場合 申込可能
担保・保証人 不要

※GMOお得意さま応援ローン特約が適用される場合は年14%となります

まとめ

SMBCモビットは、簡易審査であれば、なんと10秒程で終了本審査も最短30分で完了します。

それにより最短即日の融資にも対応しています。

しかしながら法人や個人事業主が利用するとなると、事業性資金として利用できないのが難点です。

希望金額が少額なら、自己資金を事業に回して、生活費の補填としてSMBCモビットが利用しやすいでしょう。

しかし自己資金を、事業に回せないほどの借り入れを希望している場合は、ビジネスローンの利用がおすすめです。

総量規制の対象外となるため、希望借入額の融資を受けられる可能性が高いからです。

自身の状況に合わせて、SMBCモビットかビジネスローンを利用するか検討してみてください。

をお忘れなく。

SMBCモビットの基本情報

カード名 SMBCモビット
利用条件 満年齢20歳~74歳以下の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
※収入が年金のみの方はお申込みいただけません。
必要書類 本人確認書類(下記のいずれか)
・運転免許証
・(運転免許証がない場合)健康保険証またはパスポート
収入証明書類(下記のいずれか)
・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し(賞与がある場合は年間の賞与明細書も必要)
審査時間 最短30分
※申し込んだ曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
限度額 800万円
実質年率 年3.0~18.0%
遅延損害金 実質年率 20.00%
担保・保証人 なし
手数料 なし※三井住友銀行以外のATM利用時に発生
借入方法 ・提携ATMからの借入
・指定口座への振込キャッシング
返済方法 ・提携ATMによる返済
・口座振替(三井住友銀行かみずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のみ対応)
・指定口座への振込(返済時に要問合せ)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
発行元 三井住友カード株式会社

※事業性資金、ギャンブル資金としては契約不可

関連記事